クレンジングはデメリットを知った上で使い分けよう

クレンジングのデメリットについて紹介します。

オイルクレンジングのデメリット
オイルクレンジングはクレンジング成分と化粧品の成分を乳化させ、落とす役割をしています。
合成界面活性剤が使われていて、洗浄力が強いのが特徴です。
ウォータープルーフのマスカラなども落ちるのですが、逆にその洗浄力がデメリットともなっています。

つまり落とし過ぎるがゆえに、肌に必要な水分、油分まで洗い流してしまうのです。
この合成界面活性剤自体が肌に悪いという専門家意見もあります。
化粧品の成分を落とすことはできるのですが、タンパク質も破壊するほどの洗浄力ゆえに肌荒れの原因になったりもします。

アトピーが悪化したり、しわの原因になるということです。
またある専門家によると、妊娠したネズミの皮膚に合成界面活性剤を塗ると受精卵が溶けてしまったとのことです。
この実験をしたきっかけは、出産した女性の胎盤からシャンプーの臭いがすることがあり、皮膚から合成界面活性剤が体内に吸収されているのではと疑いを持ったからでした。

合成界面活性剤は毒性が強く、皮膚表面だけでなく体の中まで蝕む危険性があります。
オイルクレンジングを使う際には、ポイントメイクのみに使い顔全体に使用することは避けた方がいいかもしれません。

ミルクタイプのクレンジングのデメリット
ミルクタイプは肌に優しいものが多いのですが、水分が多く含まれているためファンデーションとなじむのに時間がかかります。

クリームタイプのクレンジングのデメリット
比較的肌に優しいですが、なじむのに時間がかかります。
また製品によっては洗い流すもの、拭きとるものがありますが、使用後にヌルヌルした感じが残るものが多いです。

ローションタイプ、ふき取りタイプのデメリット
アルコールが多く含まれていて、肌への負担が大きく、乾燥を招きがちです。


クレンジング剤の使い分けは、どんなメイクをしているかにもよります。
肌に優しいクレンジングを使ってもゴシゴシ擦れば肌に負担をかけることに変わりありません。
肌には比較的刺激に強い部分と、目の下などのように弱い部分があります。

刺激に強い部分からクレンジングを使い、目の下などは一番最後にクレンジングするようにすると肌への負担も軽くなります。

また、メイクによってクレンジング剤を使い分けることも大事です。

それから、無理に化粧を100%落としきらないでも大丈夫という専門家もいます。
完璧に落とそうとすることでかえって肌に負担をかけるというのです。

化粧の成分だけでなく、肌に必要な成分まで流してしまうからでしょう。